トイレ自体の水漏れ以外に蛇口にも注目

トイレ内の水漏れに関しては、何も便器からの発生とは限りません。最近のトイレは利便性も相当高く、いわゆるお手洗いの機能が付帯していることも珍しくなくなりました。このことはトイレをより清潔に使用するための工夫とも言えますが、実際のところこのような便利な機能を経由した水トラブルも存在しています。

■トイレの中にある蛇口の水漏れ

蛇口からポタポタ水が漏れるトラブルはよくあるものです。勘違いしやすいものとして、外気温との差が大きいと、蛇口の周りに水滴がつくことがあり、水漏れが起きたと慌ててしまうことがあります。一度タオルなどで蛇口を拭いてみて、蛇口が濡れないようなら水漏れではないのでご安心ください。拭いたはずなのに再びすぐに水滴が垂れるほど水が漏れる場合は、蛇口に何かしらトラブルが起きている証拠なので、できるだけ早く修理を施す必要があります。

■蛇口の水が止まらないときの対処法

蛇口の水が止まらないときは、もちろん早急な修理をすることが求められます。自力で直せない場合は一刻も早く専門業者に修理を依頼しましょう。ただし、業者が来るまでの間、水が漏れたままだと床が水浸しになってしまうので応急処置が必要です。このとき、壁から出ている配水管にある止水栓を締めて水を止めましょう。これで水漏れを一時的に改善することができます。

■まとめ
リラックスできるトイレはこれからも増え続け、トイレ内での蛇口からの水トラブルも設計等を見直さない限りは決してなくなることはありません。現在は高齢者対策やバリアフリーの一環でこのようなトイレタイプが人気ですが、万が一の水漏れが起きても対処できるように今からでも問題点を確認してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ