トイレの故障が原因となる水漏れ

トイレ 水漏れをスムーズに改善することを重視するのであれば、トイレにおいてどのような故障が深刻な水トラブルを引き起こすのかという点も認識すべきです。水漏れが突然起こっても具体的に何が起こっているのかは初心者だと予想もつかないことが多いので、故障パターンに対する理解と共にその対策等も見ておくと良いでしょう。

■構造の欠陥やウォシュレットの故障

水漏れの原因となる大きな故障の1つに便器の構造における欠陥が挙げられますが、その中でも多い例が内部の配管の亀裂です。また、最近特に多いのがウォシュレットの故障による突発的な水トラブルです。基本的に洗浄水を温める機能があるために一旦貯水することになりますが、この部分が故障することで洗浄のたびに水が漏れることも少なくありません。

トイレの交換が必要になることも

便器の故障による水漏れにて、頭を悩ませやすいのが基盤の破損です。漏れの改善は可能だとしても電気系統が台無しになることで、基盤の付け替えに留まらずに便器本体の交換に発展するケースもあります。
そのため、このような機器を本格的に導入する前には、構造を理解して故障による水漏れを想定しておくことが無難になります。

■まとめ
かつてのトレイは単純な構造であったことから排水系統の不具合が水漏れになっていましたが、生活をする上で快適性の高い便器がほとんどとなった現在では、不意打ちに近い水漏れの発生に十分注意を払わければなりません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ